ネットカジノ・オンラインカジノは違法?

この記事は約4分で読めます。

ネットカジノ・オンラインカジノとは

ネットカジノ・オンラインカジノとは、「自宅にいながら海外のカジノで遊べる」ネット上のゲームサイトです。実際にお金を賭けて、儲けて得た賞金はあなたのものとなります。
日本でも人気が高まってきています。

生中継でライブディーラーと対戦できる「ライブカジノ」は、本物のカジノの臨場感が味わえるネットカジノ・オンラインカジノの魅力のひとつです。

一方、違法性や安全性が気になって、興味はあるけど怖いという方も多いと思います。

ネットカジノ・オンラインカジノは違法?

日本国内では、競馬・競輪・宝くじなど国が認めた公営ギャンブル以外は全て違法です。

日本の刑法は、国内で行う賭博を禁じており、海外のネットギャンブルであっても、国内から賭ければ違法になり得ますが、サイトがライセンスを取得した合法サイトであれば、証拠を集められず、摘発される可能性は低くなります。

警察庁担当者は「可能な限り摘発していく」と話しています

一般にネットカジノ・オンラインカジノでは、お金を賭けてプレイします。勝つと賞金がもらえますから、いわゆる賭博です。日本の法律では、賭博は違法です。

ネットカジノ・オンラインカジノでプレイして、違法性はないのでしょうか。 摘発されることはないのでしょうか。

1)ドリームカジノ事件

ネットカジノ・オンラインカジノの違法性で話題になるのが、ドリームカジノ事件です。
この事件では、ドリームカジノの運営会社の罪は問われていません。海外に拠点をおいているので、日本の法律が適用できないからです。

警察に逮捕されたのは、プレイしていた日本人のお客さん3人と、カジノの運営に携わっていた日本人スタッフです。

逮捕後、4人は、略式起訴されました。
略式起訴では、本人が罪を認めると裁判なしに有罪となります。
裁判が行われないので、「略式」起訴と呼ばれています。

4人のうち、 お客さん2人と日本人スタッフは罪を認めたので有罪となりました。

でも、お客さんの1人は、逮捕に納得できず、裁判となりました。
裁判の結果は、不起訴となり、 この方の「無罪が確定」しました。

まゆ
まゆ

もう少し詳しく教えて下さい

けんた
けんた

ドリームカジノは海外に拠点を置いているので、そのようなカジノを取りしまる法律がなかったんです。

まゆ
まゆ

今も、法律はないんですか?

けんた
けんた

そう、今もないし、今後もおそらく作られることはないですね。

まゆ
まゆ

じゃあ、ネットカジノ・オンラインカジノでプレイしても、法律違反じゃないんですね!

裁判は前例を重んじます。
ですから、もしネットカジノ・オンラインカジノでプレイしていて逮捕されても、裁判で無罪となる可能性が非常に高いといえます。

また、警察も、無罪となる可能性が時非常に高い件で逮捕に踏み切ることはまずありません。

このサイトで紹介するネットカジノ・オンラインカジノは、すべての運営会社が、ライセンスを取得して、合法的に運営しています。安心してプレイすることができます。

2) 運営会社

日本でプレイできるネットカジノ・オンラインカジノは、日本の法律が適用されない海外の会社が運営しています。日本には、賭博罪などの法律がありますが、これらの法律は、海外の運営会社に適用できません

ですから、運営会社自体も、法律違反ではありません。つまり、法治国家では、法律がすべてであり、
法律の及ばないことがらでは、罪にはならない、ということです。

さらに、これらの運営会社は、それぞれの当事国のライセンスを取得し、第三者委員会の監査を受け、
正当なソフトウェア会社のゲームを使用しています。

ネットカジノ・オンラインカジノでプレイする人が、だまされたり、不当な扱いを受けたりすることはありません。

まとめ

ネットカジノ・オンラインカジノとは、日本でプレイできる、ネット上のカジノです。お金を賭けて、賞金を得ることができます。

日本の法律には、賭博を行っているかに見えるネットカジノ・オンラインカジノを禁止する法律はありません。また、それを認める法律もありません。違法でも合法でもない、グレーな状態です。
つまり、逮捕されて罪に問われることは、まずないと言えます。

運営会社は、ライセンスを取得し、正当なゲームソフトを使用し、第三者委員会の監査を受けているので、プレイする人が騙されたり損害を受けたりすることはありません。

このサイトで紹介しているネットカジノ・オンラインカジノは、どれも安心して楽しめるものばかりです。

ネットカジノ・オンラインカジノと税金についてはこちら
ネットカジノ・オンラインカジノの入出金についてはこちら

タイトルとURLをコピーしました