オンラインカジノと税金

税金の仕組み

その年の1月1日から12月31日までの一年間に、50万円以上の収益があると、税金を納めなければなりません。

サラリーマンの方は、税金を納めた額を給料としてもらっているので、「税金を納める」というよりは「税金を引かれる」という感覚ですね。

オンラインカジノでたくさん儲けて、50万円以上の収益があれば、それは一時所得となり、税金を納めることになります。

一時所得とは

一時所得の計算は、次のようになります。

一時所得 = 総収入額 ー 総支出額 ー 特別控除額(最大50万円)
このように計算した一時所得に対して、税金がかかります。

 月日  掛 け 金獲 得 金 額 利  益 
 1月10日 10万円50万円 40万円
 3月10日 20万円 5万円ー15万円
 5月10日 30万円60万円 30万円
 7月10日 40万円 5万円ー35万円
 9月10日 50万円150万円100万円
11月10日 60万円 15万円ー45万円

例:Kさんの1年のプレイの様子です。
1月、5月、9月は、利益が出ています。
3月、7月、11月は、利益が出ていません。
利益が出ていない日の掛け金は、支出には含められない規則ですから、
総支出は、1月、5月、9月の計90万円です。

総収入は、利益が出た1月、5月、9月の計170万円です。

一時所得は、170万円ー90万円ー50万円=30万円
30万円です。

税金はいくらに

30万円の一時所得に対して、税金はいくらになるのでしょう。

税金の計算は、次のようになります。
税額 = (一時所得額 x 1/2 – 控除額)X 税率

30万円の一時所得に対しては、控除額0,税率5%ですから、
300000÷2×0.05=7500
7500円を税金として納めることになります。

仮に1億円の一時所得があれば、1800万円ほどが納税額です。
これくらい納めたいですね。

なぜオンラインカジノだけ納税するの

なぜオンラインカジノだけが納税して、競馬、競輪、パチンコなどは納税しなくていいのでしょう?

実は、競馬、競輪、パチンコなども納税の義務があります。
しかしながら、儲けたお金は現金で手元に入るので、税務署は把握できません。

オンラインカジノは、儲けたお金は銀行口座などに入りますから、税務署はきちんと把握しています。特に大金が動く口座については、常にチェックしているので、納税しないと税務調査が入ります。

大金を稼ぐようになれば、きちんと確定申告をして、納税してください。
ちなみに、私は、毎年確定申告をして、納税しています。

タイトルとURLをコピーしました