インターカジノの信頼性

インターカジノ
この記事は約5分で読めます。

オンラインカジノで楽しむには、海外のサイトに送金したり、得た賞金はそこから出金したりします。入出金のトラブルはなかったのかどうかは重要ですし、詐欺や不正の有無も気になるところです。

このページでは、インターカジノは信頼性が高く、実際に入金しても問題がないオンラインカジノなのか検証します。

オンラインカジノの信頼性は、
1.ライセンス
2.ソフトウェア
3.第三者機関
4.サイトの取り組み

によって判断できます。

インターカジノ公式サイトはこちら

ライセンス

インターカジノは、Breckenridge Curaçao B.V.はキュラソー州知事により発行されたMaster Gaming License #1668/JAZに基づくCEG Curaçao Egaming により付与されたサブライセンスを通して、正式に認可され、厳しい規制に従って運営されています。

運営会社は、「Breckenridge Curacao B.V.」で、この会社は、ベラジョンカジノなどのオンラインカジノも運営しています。
1996年の創業で、世界でも指折りの老舗カジノです。

インターカジノ 公式サイトはこちら

ソフトウェア

インターカジノ どのオンラインカジノの運営会社が、適正なソフトウェアを使っているかどうかが重要なポイントです。

適正なソフトウェアであれば、違法な操作や運営会社に有利になるような操作を行えないからです。

インターカジノが利用しているソフトウェアは、以下ソフトウェア会社によって制作されています。
1×2 Gaming, 2by2 Gaming, Baltic Gaming Studio, BTG, Blueprint, Booming, Cayetano, Evolution, Evoplay, Ezugi, GameArt, Gamomat, Golden Hero, Green Jade, Habanero, Iron Dog, iSoftBet, Just For The Win, Kalamba, Leander, Leap, Lightning Box, MannaPlay, Microgaming, NetEnt, Nolimit City, One Touch, Oryx, Play’n Go, Pocket Gaming, Pragmatic Play, Push gaming, Rabcat, Red Tiger, Relax Gaming, Roxor Gaming, RTG Slot, Slingo Original, Slotmill, STHLM, Thunderkick, Tom Horn, Triple PG, Yggdrasil

これらのソフトウェアは世界中で利用されており、信頼性が確保されています。

インターカジノは、世界有数のオンラインゲームのソフトウェア会社が提供している、最先端のソフトウェアを使用しています。

インターカジノ 公式サイトはこちら

第三者機関

オンラインカジノが適切に運営されており、公平で公正なゲームを提供していることを証明するのが第三者機関です。

eCOGRA(イーコグラ)やTST (Techinial Systems Testing)、GLIなどが知られています。

インターカジノ が第三者機関の監査を受けているかどうかの記載は、現時点ではホームページでは確認できていません。確認出来次第、お伝えいたします。

インターカジノの取り組み

会社概要

インターカジノは、1996年の創業世界的に知られる老舗オンラインカジノです。
日本にも初めて進出したオンラインカジノで、日本でもよく知られています。

インターカジノは、オンラインカジノ初心者にとっても、上級者にとっても、魅力的なボーナスキャンペーンを取りそろえたカジノです。

ギャンブル依存症

ギャンブルは、人を夢中にさせる魅力的なエンターテイメントですが、中毒性があり、依存症になることが知られています。ギャンブル歴の長さに関わらず、ギャンブル依存症に発展するリスクはあります。

ギャンブルの醍醐味は「勝つこと」ですが、反対に「負ける」ことも、ャンブル依存症に陥る要因のひとつです。

勝っても負けても、危険が存在することを意識する必要があります。

インターカジノの機能

入金制限

入金制限では、毎月、毎週、または毎日の入金限度額、および最大入金額を設定できます。

制限期間内に、設定額を上回る金額を入金しようすると、制限到達を伝えるメッセージが表示され、入金することはできません。

この制限により、入金総額と入金頻度をコントロールでき、ギャンブル依存症のリスクを軽減します。

時間制限

ゲームに没頭し、知らない間に多大な時間を費やすことを防ぐことができます。

1回のログインでプレイできる時間を1時間単位で設定でき、制限時間に達すると通知が行われ、その後自動的にログアウトされます。

この制限により、一度のログインでプレイできる時間をコントロールでき、ギャンブル依存症のリスクを軽減します。

ゲームプレイ時間制限

ゲームプレイ時間制限を設定すると、設定した時間を経過するとポップアップメッセージが表示されます。
ゲームプレイを続行するか、終了するかを選択できます。プレイ時間は、最大240分まで設定可能です。

自動的にログアウトはされませんが、自分での判断を促し、ギャンブル依存症のリスクを軽減します。

ロス制限

ロス制限では、設定した日数間の最大合計負け金額を設定できます。制限額に達すると、ポップアップメッセージが表示され、翌日までログアウトされます。

これにより、大金を使ってしまう危険を避けることができます。

ログイン制限

一定期間または無期限にアカウントへのアクセスを制限することができ 、ギャンブル依存症のリスクを軽減します。

インターカジノ公式サイトはこちら

未成年のギャンブル

未成年者がギャンブルを行うと、ギャンブル依存症を発症するリスクが非常に高いといわれています。

インターカジノでは、未成年をギャンブルから守る取り組みをしています。

身近にギャンブル依存症になりそうな方がおられる場合は、支援機関にご相談ください。
下記の第三者企業のアプリの使用をご検討下さい。

www.fosi.org
www.netnanny.com
www.cyberpatrol.com

まとめ

以上みてきたように、インターカジノは、
ライセンスCEG Curacao Egamingを取得し
適切なソフトウェアを使用し
サイトとして、お客さん第一の安心安全へ向けての取り組み
をしています。

これらのことから、インターカジノは、高い信頼性があると判断できます。

インターカジノ公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました