オンラインカジノのベラジョンカジノの違法性

ベラジョンカジノ
この記事は約3分で読めます。

オンラインカジノは、お金を賭けてプレイし、勝つと賞金がもらえる、いわば賭博のような存在です。
ベラジョンカジノをはじめとするオンラインカジノでプレイして、違法とならないのでしょうか。

ベラジョンカジノ公式サイトはこちら

法律について

現在日本には、オンラインカジノを取り締まる法律はありません。
ですから、オンラインカジノで楽しんでも、違法とはなりませんから、ご安心ください。

では、オンラインカジノで賭博のようなことをしても、なぜ罪に問われることがないのでしょうか。

賭博罪は、
常習として賭博をした 者は、3年以下の懲役に処する。
賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者 は、3月以上5年以下の懲役に処する。
と規定しています。

これは、オンラインカジノに適用できそうですが、憲法で、拡大解釈・類推解釈が禁止されています。
賭博罪を適用して、オンラインカジノを取り締まることができない仕組みになっています。

ですから、オンラインカジノは合法とは言えませんが、違法とも言えません。
つまり、「違法ではない」といえます。

パチンコやスロット

パチンコやスロットはどうでしょう。

お客さんは、お金を賭けてプレイし、状況に応じて賞金がもらえます。
この状況は、賭博といえそうですね。

では、なぜ公然と行われ、逮捕されることがないのかというと、特別法によって認められているからです。

つまり、法治国家では、法律がすべてです。
法律で認められているから、パチンコやスロット、競馬、競輪、ボートレースなどは合法となります。
法律で認められていなければ、違法となります
ですから、取り締まる法律のないオンラインカジノは、違法とはなりません。

ドリームカジノ事件

オンラインカジノの違法性で話題になるのが、ドリームカジノ事件です。

この事件では、プレイしていた日本人のお客さん3人と、カジノの運営に当たっていた日本人スタッフが逮捕されました。

逮捕後、略式起訴されました。略式起訴では、本人が罪を認めると裁判なしに有罪となります。

2人のお客さんとスタッフは罪を認めま、有罪となりました。

でも、1人が罪を認めず、不服を申し立て裁判となりました。
裁判の結果、不起訴となり、この方の無罪が確定しました。

結果、この裁判で明らかになったことは、
オンラインカジノでプレイしても、
現行法では違法ではなく、無罪であるということです。

オンラインカジノでプレイしても問題はないという判例ができました。

まとめ

オンラインカジノを取り締まる法律がない。
前例として、無罪の判決が出た。
オンラインカジノの運営会社は、海外のライセンスを取得している。

これらのことを考え合わせると、オンラインカジノでプレイして、逮捕される心配はないといえます。
安心してオンラインカジノを楽しむことができますね。

ベラジョンカジノ公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました